Blog posts

あなたに最適な温度上昇率 (RoR) は?

温度上昇率に関する沢山の質問がクロップスターに寄せられています。 コーヒを愛する私たち技術者は温度上昇率に精通しています。 私たちのテクノロジーに関する専門知識はロースターの成長に繋がると確信しています。 彼にはコヒーに関する幅広い専門知識も欠かせません。 結果とし、私たちは世界的なリーディング コーヒー エキスパート達と連携をとりました:Anne Cooper、 Rob Hoos,、そして Scott Raoが温度上昇率やロースターがクロップスターを使用しこの重要なメトリックを最大限に活用する方法などの主要な問いに回答する協力をしてくれました。

温度上昇率・長所と短所

まずは目の前のトピックを明確にしましょう:温度上昇率(RoR) とはあなたの生豆の温度が上昇する速度を意味します。 これは特定の時間枠から測定され、通常30秒または60秒です。 例、30秒間に温度上昇率が5の場合、実際の豆温度は30秒毎に5度または毎分10度上昇します。 速度を測るため、時間枠内で温度の上昇を測定するのはやりがいのある挑戦です(ロケットのような速度です!コーヒー ロースティングには ロケット工学のような高度な科学の側面も含んでいます)。

これは、クロップスター ユーザーが温度上昇の表示される時間表示の幅を決める希望の時間式を定めるこどが可能な理由の1つです。 時間表示はあなたの好みに応じて定めれます。自動車の速度と比較できます。 あなたはマイル毎時とキロメートル毎時どちらの表示を使用していますか? クロップスターでは速度を表す時間表示を選択できるだけでなく、3つのRoR設定 (お勧め, センシティブ & ノイズ スムージング) の導入によりRoRがどの程度詳細を示すかの選択も可能になりました。これらの詳細は以下に記載されています。 速度とより詳細な情報表示に関して忘れてはいけない事柄の1つとして、より詳しい詳細はトレードオフをもたらします。主に『ノイズ』が原因であり、今からノイズについてのお話をします。

 

知識vsノイズ

RoRはローストをマップし評価する為に使用される重要なメトリックです。開発当初からはすでに10年以上が経過していることを誇りに思っています。 どんなメトリックにも共通していますが、何事にも長所と短所の両方 が共存しています。 特定のロースト、ロースティング テクニック、一貫性を保ち続ける為などに得られる役立つ知識の量が長所の1つとして挙げられます。 様々な機器を必要とするところが短所として挙げられます(機械、プローブ、電源回路など)。 沢山のロースターがそれぞれ好みに応じたセットアップでコーヒーを焙煎し、それは新たな挑戦を生み出します。

これらの機器の違いは重要です、特に使用中の機器そのものから引き起こされる可能性のある『ノイズ』に関するもの。 プローブの種類、設置位置、接続また電力などの要因(これらすべてが、一般に「ノイズ」と呼ばれるさまざまなレベルの電波障害を引き起こす可能性があります)に基づき機材によって、よりスムーズなカーブを表示します。 ノイズを理解することはあなたの焙煎機を理解することと同じくらい大切です。 RoRの特性に変化をもたらし、またロースティング中のRoRの解釈に影響を与えます。 だからこそ、データ上に表示されるハードウェアの影響を人々が理解するサポートに力を注いでいま。また、使用する焙煎機でRoRを提示する最も効果的な方法を選択できるようにクロップスターに3つの設定を追加しました。

「クロップスターの新しいRoRシステムは、ロースターがノイズと情報品質の最適なバランスをカーブ上で得る為、『ノイズ』をカスタマイズ可能にしました。 RoRインターバルから『時間表示』を分けることで、ユーザーよっては混乱を避けることに役立ちます。
Scott Rao

 

では『パーフェクト』なRoRとは?

朗報:クロップスターはご使用のセットアップに基づいた特定のコーヒーように『パーフェクト』RoRを製作する為に必要なツールを提供します。 少し残念なお知らせ:無限に存在するコーヒーと焙煎機の種類に伴い、共通の『パーフェクト』RoRがないこと。 種類が豊富だからこそ、クロップスターはご使用のセットアップを最大限に引き上げる為、3つのRoRチョイスを提供します:お勧め, センシティブ、ノイズ スムージング。 これらの設定により、あなたとロースティング環境の必要に応じて、最適なRoRの選択が可能になります。

  • お勧め』:数え切れないセットアップとローストを検査し、繰り返しロースター専門家と会議をした結果、この設定が一番多くの焙煎機セットアップでノイズとRoR反応性のとても優れたバランスを取得できます。 これがクロップスターのデフォルト設定であり、全てのユーザーに使い始める際、お勧めします。 『お勧め』設定はより多くの状況に対応するよう想定されています。
  • センシティブ』:ノイズが少ないまたは全くないローティング環境向け(例、最小限の電波障害)にこの設定が開発されました。 結果・リアルタイムに限りなく近く詳細なRoRを表します。 これには非常に高性能なセットアップが必要となります。 その訳は、RoRが早くなればなるほどカーブの震えとして表示されるノイズが現れる可能性が大きくなります。 ノイズにより引き起こされた急上昇または急降下スパイクと生豆による実際のRoRスパイクを識別できない場合は、早いRoR設定は役に立ちません。 この設定は、ノイズを最小限に抑えロースト環境が有効に活用できる場合に適しています(エキスパート達がノイズとカーブの震えの軽減方法についてのアドバイスをくれました。以下参考)。
  • ノイズスムージング』:ロースターが日々ノイズが多く見られるカーブに向き合っている沢山の理由を私たちは把握しています。 この設定はそんなロースター達に役立つよう設計されています。特に、ノイズを取り除くのに苦労している場合。 その結果として、ノイズに邪魔されず焙煎機内の状況把握に集中できる必要な情報を生み出す滑らかなノイズカーブの表示方法を設計しました。 私たちのゴールは提携しているエキースパート達のものと同じく、焙煎、またご使用の機器を最大限まで引き上げ、そこから可能である一番最高のコーヒーを作るお手伝いをすることです。

「少し滑らかなRoRフィードバックループを活用する私たちには、フィードバックループが速すぎが原因による過度な修正に左右されずにそれを& 見る方法が選択できるのは素晴らしいことです。」
Anne Cooper

 

お勧めvsセンシティブ

カーブ1はすでに良好なカーブを生成する、ノイズ フリーに近いセットアップを想定しています。 図のようにカーブ同士が似ています。 しかし、センシティブカーブはいくつかの頂点と底面を生み出します。 これはより早いRoRからくるものです。 以下のような緑色のお勧めカーブがある場合、RoRの応答性が高いセンシティブがより適している可能性があります。これは、RoRが焙煎中より早い段階で表示され(紫色のカーブが左側に移動)、豆の温度の変化にすばやく反応することを意味します。

null

カーブ1:クロップスターのお勧め(緑)vsセンシティブ(紫)RoR設定の安定したほぼノイズフリー焙煎機セットアップ

カーブ2はノイズの多いいセットアップ。 これもロースティングに用いるカーブとし安定していますが、紫のセンシティブ カーブはお勧めカーブと比べてノイズが多くなり、結果として読みづらくなります。

null

カーブ2:クロップスターのお勧め(緑)vsセンシティブ(紫)RoR設定のノイズが多いい焙煎機セットアップ

カーブ3は異常な状態です。 ノイズの原因となる問題がセットアップのどこかに存在し、カーブ表示に異常をきたしています。 この様な状況ではセンシティブは機能せず、お勧めも最善策ではありません(異なるソリューションの試行は除く:詳細は以下)
null

カーブ3:クロップスターのお勧め(緑)vsセンシティブ(紫)RoR設定の明確な電波障害があるノイズの混入した焙煎機

 

お勧めvsノイズ スムージング

今から、お勧めvsノイズ スムージング設定を見ていきましょう。
今回もカーブ3から始めましょう。 その理由として、センシティブとお勧めの両方がこの状況に役立たないからです。 ノイズスムージング設定が頂点と底辺を少なくし、明白なノイズを滑らかにすることを確認できます。 これにより、RoRカーブが実際に読み取り可能になり、実際のRoRカーブの変化とノイズを簡単に識別できるようになります。 ですが、このようなカーブから始める場合、ノイズ スムージング オプションを適用する前に、シグナルのノイズを軽減させるエキスパートからのアドバイスをまず最初に試すことを強くお勧めします(アクションについては以下から)。

 

null

カーブ3:クロップスターのお勧め(緑)vsノイズ スムージング(紫)RoR設定の明確な電波障害があるノイズの混入した焙煎機

最後にもう一度カーブ1を見て見ましょう。 ここでは、ノイズ スムージングが妥協を生み出す理由をすぐに確認できます。 良いセットアップと使用すると、ノイズズムージングは反応性を減少させてしまい、カーブから詳細を取り除いてしまいます。 プロファイルを最適化する際にはこれを避けるべきです。

null

カーブ1:クロップスターのお勧め(緑)vsノイズスムージング(紫)RoR設定の安定したほぼノイズフリー焙煎機セットアップ

以上のように、平均的なプローブをして適度な初期結果をもたらす「お勧め」オプションはより多くのセットアップに最適です。 ノイズスムージングは、不適切な/古いプローブを考慮し設計されていますが、これらのセットアップには物理的なチェックが必要であるという事実も考慮されています。 例、優れた結果を取得する為のプローブの交換、ケーブルの分離など。 最後に、センシティブは非常に信頼できるセットアップを使用し細部に行き渡るまでの詳細な情報を取得したいユーザー向けに設計されています。

 

「焙煎中、常にデータが更新されていることを気に入っています。 平均値を取得する際に発生する遅れが軽減され、より正確でタイムリーなデータを取得できます。 好みに合わせてスムージングができることも気に入っています。」  Rob Hoos

 

クッロプスターはどの様にこれら最適化された設定の開発を可能にしましたか?

これらの設定は、RoRの表示方法をよりコントロールしたいが、セットアップの最適化の為に何週間も設定を試行錯誤したり「ぐちゃぐちゃにする」ことを望まない人々との会話から生まれました。 どれくらいの人数ですか? 数百人。 私たちは毎日コーヒーの専門家と意見を交わし、数え切れないロースタリーを訪問し(2020年には以前より少ない…)、担当のデータサイエンティスト達は、 Cropster データプロジェクトのローストカーブに関する大規模な分析を行いました。 これらの議論と学んだすべての情報に基づきながら徹底したデータ分析を行いました。 技術的またロースティング経験の観点から私たちが信じる最高のソリューションを提供する一連の最適な設定を特定する為にロースティング専門家と協力しあいました。 経過途中に沢山の事を学びました。 数人のエキースパートに彼らのインサイトを共有できる様にリクエストしたところ、Anne Cooper、Rob HoosとScott Raoが承諾してくれました。 以下が彼らが共有してくれた知識です:

エキスパートに尋ねる:なぜRoRはそんなに重要なんですか?

Anne CooperはRoRを観察することが重要な理由について説明してくれました。「RoRは特定の車道でどのくらいの速さで走行しているか示してくれる自動車のスピードメーターの様な役割を果たしてくれます」。 個人的な経験から、彼女は特定の速度/大事な時期のペース/イベントで移動させたいので、重要なイベントには豆温度RoRを参照します。 彼女はまた、焙煎中のガスの変化に応じて、排気RoRが低い位置からから高い位置にに循環する際にガスをいつ変更するかを確認するのに役立つ方法として、排気RoRについて説明しています。

Rob HoosはRoRを観察することは重要であると述べています。理由として、一貫性を得るために豆温度カーブを他の視点から見れることです。 豆温度RoRは豆温度カーブから導き出されるで、コーヒーをロースティングする際、比較的一貫させることを確実にし追跡する別のメトリックが得られます。 ターニングポイントのような初期ローストデータの読みりに役立つ為、RoRはとても重要なツールと彼は付け加えました。 「焙煎中ターニングポイントが参考カーブよりも高いまたは低いことに気付いた場合、豆の温度上昇率を観察して、本当にシステム内で熱エネルギーの異常、または豆の温度測定値に問題がある場合は過度な心配は必要ありません。」 

Scott Rao pointed out that the bean temperature RoR is important because it correlates well with roast defects, or the lack thereof. 彼の例としては、RoRの「クラッシュ」はベイクドコーヒーを示し、「フリック」はコーヒーの味が好ましくなく香ばしくなりすぎる可能性があることを示します。 1ハゼのタイミングのインジケーターとして、排気温度RoR (ETROR) を使用していることを共有してくれました。

 

エキスパートに尋ねる:ロースターが焙煎機セットアップでノイズを軽減する方法は?

ノイズはRoRが情報を収集し表示する方法に大きな 影響を与えるため、この質問はとても重要です。 RoRカーブが完全ではないかどうかをチェックする為の優れたアイテムリストも私た(とあなた)に提供します。 以下は焙煎機ノイズの一般的な原因リストです:

  • 電波障害&:接地
  • プローブの位置/厚さ
  • 古いまたは安価な豆温度プローブ
  • 正しく設置されていないプローブ
  • Cropsterコネクターへ接続されている配線が緩んでいる
  • 実験的な誤った設定
  • バッチサイズが小さいとプローブがより多くの空気を読み取る原因に繋がる

Anne CooperはコンピューターからデータブリッジへのUSB接続コードを交換することで、不安定なカーブの修正できたことを指摘しています。 彼女は、Cropster コネクターに接続されている配線をやり直し、すべてが正しくネジ留めされていることを確認することを勧めました。

Rob Hoosはモーター電源ケーブルと平行して熱電対ケーブルを走らせるセットアップの存在を見つけました。 彼は、特に可変電圧可変周波数制御モーターに行く電力の横にこれらのケーブルを這わせると不安定なRoRの原因になる可能性があると述べています。 彼は、電波障害の防止対策として、ケーブルを並行して這わせるのではなく、交差(例、垂直に交わる)させるように配線のやり直しを推薦しています。

Scott Raoはロースターが確実にノイズの原因を発見できるよう、複数の解決策を提案していることを説明してくれました。 彼はクロップスターの使用中にラップトップの電源を切り(例、バッテリーで実行)、プローブが焙煎機の金属部分への接触を回避、または焙煎機コネクションのラップトップ側でUSBアイソレーターを使用するなどの解決策が役立つとアドバイスをしてくれました。

 

エキスパートに尋ねる:トレンドとイベントを比較する場合、どのRoRインターバル設定が最適ですか?

Anne Cooper「私は常に60秒の設定を最大限に活用する方法をロースターの皆さんに説明しています。」 Anneは、60秒の設定を予報として使用していると付け加えました: 「60秒設定はとても便利です。何も変更しない場合、1分後の状況を自分で予測できます。 60秒設定を使用すると事前に考慮してローストをより円滑に計画できます。」

Scott Rao は、RoRがクラッシュし始めた瞬間など、クロップスター使用中にイベントを表示する場合、最短RoRインターバルの選択を好みます。 新しい設定では、最もリアルタイムなRoR結果が得られるため、センシティブ オプションを試すことができます。 しかし、Cropsterカーブの傾向を見るとき、Scottは、カーブ形状の傾向を明らかにする最短のインターバルを見つけるために、より長いRoRインターバルで実験していると言います。

 

エキスパートに尋ねる:リアルタイム ロースティング分析とポスト ロースト分析を比較する場合、どのRoR設定を推薦しますか?

Rob Hoosは両方の場合に適用できるカーブを生み出す最もセンシティブなRoRの使用を推薦しています。 彼は適用可能を、許容範囲なノイズ量と、そのノイズ内の役立つ傾向を見つけだすあなたの能力によると説明しています。 

Scott Raoはリアルタイム ロースティング分析とポスト ロースト分析の両方に同じRoRインターバルを適用することを助言してくれました。 彼は、使用している特定のシステムのノイズの量に基づきRoRインターバルを選択すると良いとも述べました。

 

エキスパートに尋ねる:新しいロースターと経験豊富なロースターにはそれぞれ異なる設定を推薦しますか? 

Anne Cooperは機器を最大限に活用することに基づくように、同じ設定の使用を推薦しています。 Anneはむしろ、ロースター達が一番良い情報に基づき焙煎を彼ら自身で達成してほしいと思っています。 彼女は、RoRの設定が速すぎる際に生じる過剰な修正をロースターが回避する為に役立つ例を出してくれました。

Rob Hoosも新しいロースターまた経験豊富なロースター両者に同じ設定を提案したと述べていました。開始から焙煎機とプローブのセットアップに最適なRoRを見つけることが重要であるとも強調していました。

<0Scott Raoは同じ設定を適用すると良いとも話しました。 経験量とは関係なく全てのロースターが最適なノイズvsデータ品質の同じバランスを見つけ出すことを彼は推薦しています。 


エキスパートに尋ねる:ロースターへのRoRに関する最後のアドバイス。

最後に、RoRに関するロースターへの追加のアドバイスがあるかをエキスパートに尋ねました。 以下は彼らが共有してくれた事です:

Anne Cooper
重要なイベントでのRoRの値/レートは、画面上の直線なフィードバックラインよりも重要です・プローブに対して読み取るように設定されている方法に応じて途中、小刻みな揺れ& や隆起があります・ただし、これは単にプローブ& からのフィードバックループであり、必ずしもコーヒー状態に対する正確な応答ではないことを忘れないでください・大きく落ち込んだり、フラットラインまたはフリックがある場合はローストシステム& のエネルギー管理に問題があります・しかし、適切なエネルギーの減少をしてもラインが完全に直線にならない場合でも、あまり落ち込まないでください・そのラインが画面上にどのように表示されるかに多くの要因が関係しています!! 自分に優しく!! ;-)

Rob Hoos
それはツールボックスの中のツールの1つであることをロースターの人々に気付いてほしいです。 また、プローブはプローブ自体の温度のみを感知し、温度上昇率はそのプローブにノイズが混入していないかなどの要因に影響されることを忘れないでほしいです。 生豆温度とRoRは、品質と一貫性を得る為に使用できるすばらしいツールですが、実際の豆の表面温度または豆の中心温度を完全に示すことはできません。 それゆえ、コーヒーを焙煎する際コーヒーを観察し、コーヒーの香りを確かめ、コーヒーを理解することと完全に取って代わるものにはなりません。 それは「どちらか1つ」ではなく「両方とも」です。

Scott Rao
システムでロースターに多くのノイズが見られる場合、高いRoRインターバルを適用して単にノイズをスムージンする代わりに、ノイズのソースを見つけ出して修正することが最善策です。 ノイズが入ったRoRは多くの場合簡単に安くもしくは経費をかけず直すことができます。ソースを見つけ出すいくつかのテストが必要となるだけです。 多くの場合、高品質のデータを確実に処理する為、データノイズ修正を新しいクライアントと最初に行います。

最後にすべてのロースター、コーヒー専門家、特にAnne、RobそしてScottがクロップスターでこれらの新しい設定の開発に協力してくれたことに心から感謝します。 クロップスターは学んだ物を共有することで、誰もが成長し、全ての人がより素晴らしいコーヒーを手に入れれると信じています! この情報がお役に立てたら嬉しいです。

その他のニュース

New releases

生豆カーブ予測で未来を見抜く

インテリジェント豆温度と人工知能(AI)に基づくRoR予測を特徴とするロースティング・インテリジェンス最新バージョンのリリースを当社はとても楽しみにしています。 これからはローストの進み具合を事前に把握!

 

続きを読みます
New releases

つまり、Cropsterガスコントロールとリプレイ・アシストを互換性のある焙煎機を利用するすべてのロースターが今日からご利用いただけます。

沢山のお客様からご要望いただき続けた機能がようやくリリースされます! つまり、Cropsterガスコントロールとリプレイ・アシストを互換性のある焙煎機を利用するすべてのロースターが今日からご利用いただけます。 なぜ互換性があるのですか? ユニバーサル・ローストプロファイラーとして、弊社のロースティング・インテリジェンスは何千もの機械に接続できます。

続きを読みます
New releases

最も効率的なローストスケジュールを作成する

すべての注文書をまとめインベントリーと照らし合わせて表示し、機械と作業のスケジュールを確認することは、ローストスケジューリングと生産計画の重要な役割です。 この作業には非常に時間がかかることを私たちは理解しています。…

続きを読みます

ニュースレターを読む

以下のソリューションの詳細をみる